研究室の概要

社会基盤設備において,計画・設計・施工・管理のすべての段階で,土木構造物が力学的に安全かどうか検討することは重要である.そのために,当研究室で は,現場計測や室内実験から得られるデータを論理的に説明するための「力学現象のモデル化」を行い,それをもとに計算機による予測計算手法を(楽しく)開 発する.この研究を遂行するためには,数学および力学の基礎知識が不可欠となるが,当研究室では,若い世代に対するそれらの教育にも重点を置いている.

ニュース & イベント

ワークショップの開催

We will organize a workshop on latest advancements of Particle Methods, including both MPS and SPH methods during May 8-11, 2017. Interested researchers are invited to contact Associate Professor Khayyer at khayyer@particle.kuciv.kyoto-u.ac.jp for more information and registration.

ページのトップへ戻る